<
電話する

弁護士の活用法を大公開!!

test

刑事弁護士(事件の解決方法)

刑事事件の解決方法を相談できる刑事弁護士をお探しなら、刑事事件に強い弊所にご相談ください。相談・弁護依頼をすると刑事事件の悩みや不安を解消できます。名古屋など全国9都市でご相談いただけます。

刑事弁護士相談

よくある相談例

昨日、母が窃盗の容疑で瑞穂警察署に逮捕されました。警察官の話では、地下鉄名城線堀田駅近くのコンビニでお弁当等、計1,000円くらいの商品を万引きしたそうです。母は素直に認め、謝罪したいと口にしていると聞いています。

母は父と結婚してからはずっと専業主婦をしています。普段からとても優しい人です。ただ、実は母は以前にも万引きをしたことがあり今回が3回目です。前回はどちらも代金を支払い警察沙汰にはならなかっただけに、今回はどうしたらいいのかわかりません。

とにかくこれから母がどのようになってしまうのかが分からないため、まずはその辺りをしっかり把握したいです。そしてどうすれば母は早期に解放されるのかを考えたいと思っています。なので、刑事事件に詳しい刑事弁護士に相談をしたいと思っています。

よくある解決パターン

母の重なる万引きにどうしたらいいか分からない中、貴事務所のサイトを見てお電話しました。法律相談を担当してくれた弁護士先生は、すぐにコンビニの店長さんと示談をしてくれて、母のカウンセリングや、心理的なケアの病院も手配してくれました。

検察官の人にもこういう事情を説明してくれたお陰で、母は前科がつかずに済み、釈放されてケアを受けられることになりました。違う弁護士に依頼していたら、刑務所行きだったかもしれません。先生のお陰で家族が一つになれました。本当に有難うございました。

刑事事件の解決方法

刑事弁護士とは?普通の弁護士との違いは?

刑事弁護士とは、刑事事件を取り扱う弁護士のことを言います。普通、弁護士は誰でも刑事事件を取り扱うことができます。しかし、社会が高度化し、弁護士業務が細分化されたことから、今では、刑事事件を一切取り扱わない弁護士も一定の割合で存在します。

弁護士になるのは、司法試験に合格し、司法修習を経る必要があります。司法修習を終えて初めて、弁護士資格を取得し、弁護士バッジを得ることができます。弁護士資格を取得するためには、地域の弁護士会と日本弁護士連合会に加入しなければならないと、弁護士法で定められています。

日弁連ホームページの弁護士検索では、日本全国の弁護士情報を検索し、閲覧することができます。

 

刑事弁護士の無料相談は受けられる?

当事務所では、ご家族が逮捕された場合の相談に限り、刑事弁護士の無料相談を行っています。ご家族が逮捕された方の相談料は無料です。

刑事弁護士の無料相談を受けるためには、当事務所までご来所いただく必要があります。電話での無料相談では、刑事事件の内容が十分に把握できないからです。メール相談や電話無料相談では、適切かつ十分なアドバイスを行えず、結果的に大きなミスにつながる可能性があります。

刑事弁護士の無料相談のお申込みは、24時間受付無料です。いつでもお好きな時にお問い合わせください。専属のスタッフが24時間親身に対応致します。

 

刑事弁護士の弁護士費用は?

刑事弁護士の弁護士費用は、事件によって様々です。当事務所では、基本的に、着手金と成功報酬に実費日当を加える形で弁護士費用を算出しています。

刑事弁護士の弁護士費用の相場に関しては、インターネットで色々と検索してみましょう。1つの事件に億を超える弁護士費用を請求するヤメ検弁護士から、数十万円で最後まで対応してくれる弁護士など、色々な弁護士が存在します。

刑事弁護士の弁護士費用に、一律の報酬基準や定めはありません。元々あった弁護士会の報酬規定も、独占禁止法に馴染まないということで、撤廃されました。私選弁護の場合は、基本的には、依頼者と弁護士の合意によって、弁護士報酬の基準や内容が決まります。弁護士との委任契約書をよく確認するようにしましょう。

 

より詳しい解決方法は罪名別インタビューに続く
(アイコンをクリック)

  • 痴漢
  • 盗撮
  • わいせつ
  • 児童買春
  • 児童ポルノ
  • 大麻
  • 覚醒剤
  • 暴力、傷害
  • 死亡事故
  • ひき逃げ
  • 飲酒運転
  • 窃盗、万引き
  • 組織詐欺
  • ご家族お気楽にお電話ください

親身で頼りになる弁護士とすぐに相談できます

弁護士の活用法を大公開!!