電話する

弁護士の活用法を大公開!!

test

強制わいせつの示談(事件の解決方法)

強制わいせつ事件の示談を相談できる刑事弁護士をお探しなら、刑事事件に強い弊所にご相談ください。相談・弁護依頼をすると強制わいせつの示談の悩みや不安を解消できます。名古屋など全国9都市でご相談いただけます。

強制わいせつの示談の弁護士相談

強制わいせつ罪とは、13歳以上の男女に対して、暴行又は脅迫を加えてわいせつの行為をする犯罪を言います。強制わいせつ罪は、刑法176条前段に定められており、その法定刑は、6月以上10年以下の懲役と規定されています。

13歳未満の者に対してわいせつな行為をした者には、刑法176条後段によって、暴行・脅迫の有無を問わず、強制わいせつ罪が成立することになります。強制わいせつ罪にいう「暴行」「脅迫」は、反抗を抑圧する程度のものである必要はありません。しかし、強制わいせつ罪の「暴行」「脅迫」は、抵抗を著しく困難にする程度のものでなければならないとされています。

また、強制わいせつ罪は、親告罪です。つまり、被害者の告訴がなければ、検察官は強制わいせつ事件を起訴することができません。この点が、強制わいせつ罪の示談のおいて大きな意味を持ちます。すなわち、強制わいせつ罪で示談が成立し、告訴が取り消されれば、事件は必ず不起訴処分で終了し、ご依頼者に前科が付くことは絶対にないのです。

もっとも、告訴の取り消しができるのは、事件が起訴されるまでに限られます。事件が起訴された後は、たとえ被害者であっても、もはや告訴を取り消すことはできません。この場合は、事後的にたとえ強制わいせつ罪の示談が成立したとしても、起訴に係る強制わいせつ罪の刑事裁判を受けなければなりません。

よくある相談例

私は、4日前に地下鉄東山線高畑駅近くの居酒屋で会社の飲み会に参加した際、酔った勢いで同僚の女性社員の胸を揉み無理やりキスをしました。後日女性から、強制わいせつで中川警察署に訴える、という旨のメールがきました。

私は、名古屋市中川区内に事務所を構えている通販サイトの運営をする会社に勤めています。私は中でも、営業のセクションに在籍し得意先を何件も抱え、毎日遅くまで仕事をしています。そういった立場でありながら、今回は本当に軽率だったと反省しています。

とにかく、警察沙汰になるのだけはなんとしても避けたいです。そのために、相手の女性と示談をしたいと考えています。お金は向こうの要求を飲む腹づもりです。なので、こういった強制わいせつ事件の示談交渉を引き受けてくれる弁護士を探しています。

よくある解決パターン

先生、今回は私の起こした事件で大変お世話になりました。酔った勢いで同僚に迫ってしまい、訴えると言われたときは目の前が真っ暗になりました。思い切って法律相談に行き、先生が間に入って示談交渉をしてくれたお陰で、無事に示談をすることができました。

示談金も交渉してくれて、今回のことを警察沙汰にしないという約束も取り付けてくれました。自分だったら、とてもこうはいきませんでした。先生のお陰で仕事を辞めずに済み、同僚女性とも何とか仕事を一緒にできています。これもすべて先生のお陰です。


強制わいせつ事件の示談による解決方法

強制わいせつの示談で前科を付けない方法は?

強制わいせつ事件を起こしてしまっても、捜査の段階で、被害者と示談をまとめることができれば、ご相談者に前科は付きません。示談によって告訴が取り消されれば、強制わいせつ事件は起訴されることはないからです。

そのため、強制わいせつ事件においては、捜査の早い段階で刑事弁護士を選任し、示談交渉を進めていくことが重要になってきます。示談交渉に慣れた刑事弁護士であれば、スムーズに話し合いを進めることができます。

私たちが過去取り扱った強制わいせつ事件では、次のようなケースで不起訴処分を獲得し、ご相談者に前科が付くことを阻止してきました。


◎ 強制わいせつ事件で不起訴処分を獲得。

徒歩で帰宅途中の女性に対し、自己の陰茎を見せつけ、相手の着衣の裾下から右手を差し入れて同女の右太腿を触るなどした強制わいせつ事件で不起訴処分を獲得。ご依頼者に前科付かず。

 

◎ 強制わいせつ事件で不起訴処分を獲得。

ネットカフェのブースに入っていた女性に対して、その唇に指を差し入れ、さらに、やにわに接吻するなどのわいせつな行為をしたケースで不起訴処分を獲得。ご依頼者に前科付かず。

 

◎ 強制わいせつ事件で不起訴処分を獲得。

電車車内で女子高生に対し、スカートの上から左臀部を撫で、さらにスカートをまくり上げ手でスパッツの上から陰部を押すように撫でたケースで不起訴処分を獲得。ご依頼者に前科付かず。

 

強制わいせつの示談で刑事処罰を軽くする方法は?

強制わいせつ罪は、相手方の身体的・精神的権利を侵害する犯罪です。強制わいせつ罪の刑事処罰を軽くするためには、示談の話し合いを通じて、謝罪と賠償を尽くし、侵害した相手方の利益を事後的に回復することが大切です。

事件が起訴される前であれば、示談がまとまり、告訴が取り消されることで、被疑者は確実に不起訴処分を得ることができます。強制わいせつ罪は、親告罪といって、告訴がなければ事件が起訴されることはないからです。

また、事件が起訴された後であっても、被害者と示談が成立した事実は、刑事裁判において、被告人に有利に取り扱われます。

強制わいせつの示談で留置場から釈放される方法は?

強制わいせつ罪は、親告罪といって、告訴がなければ事件を起訴することができない犯罪です。したがって、強制わいせつ事件で逮捕・勾留されたとしても、勾留の途中で示談が成立し、告訴が取り消されれば、直ちに留置場から釈放されることになります。引き続き勾留を継続して捜査を続ける必要性がなくなるからです。

また、勾留中の強制わいせつ事件が起訴されたとしても、その後に保釈を請求し、これが認められれば、被告人は保釈金を納付して留置場から出ることができます。強制わいせつ事件の保釈の審理においては、被害者と示談がまとまっていることは、被告人に有利に作用します。罪証隠滅や逃亡のおそれがなくなったと判断されるからです。

 

より詳しい解決方法は罪名別インタビューに続く
(アイコンをクリック)

  • 痴漢
  • 盗撮
  • わいせつ
  • 児童買春
  • 児童ポルノ
  • 大麻
  • 覚醒剤
  • 暴力、傷害
  • 死亡事故
  • ひき逃げ
  • 飲酒運転
  • 窃盗、万引き
  • 組織詐欺
  • ご家族お気楽にお電話ください

親身で頼りになる弁護士とすぐに相談できます

弁護士の活用法を大公開!!