電話する

弁護士の活用法を大公開!!

test

脱法ドラッグ(事件の解決方法)

脱法ドラッグ事件の解決方法を相談できる刑事弁護士をお探しなら、刑事事件に強い弊所にご相談ください。相談・弁護依頼をすると脱法ドラッグの悩みや不安を解消できます。名古屋など全国9都市でご相談いただけます。

脱法ドラッグの弁護士相談

よくある相談例

名古屋市東区矢田南に住む私は、半年ほど前にインターネットで脱法ドラッグを見つけてからずっと購入し、自宅で使用しています。しかし昨日、脱法ドラッグを持っていたところを大曽根駅で警察官にみつかり、鑑定に回されてしまいました。

私は名古屋市内でチェーンの飲食店に勤めています。そこそこ長く勤め、今は店長として働いています。うちの会社は従業員管理が厳しいことで有名で、問題を起したりすると厳罰を受けることが多いです。

今一番不安に思っているのは、今回の事で前科が付き会社にバレてしまうことです。そうなってしまえば厳しい会社ですから、即刻解雇されてしまいます。何とかそれだけは避けたいので、脱法ドラッグ関係に強い弁護士さんに相談したいです。

よくある解決パターン

持っていた脱法ドラッグが警察に見つかって、心配ですぐにネットで弁護士さんを探しました。ここの事務所だけが、夜でも人が対応してくれてすごく気持ちが落ち着いて、弁護士さんも頼れる感じだったので、弁護をお願いしたいと思いました。

弁護士さんは、家族と連絡を取ってくれたり、警察の取調べにも同行してくれて、最後まで私を信じてくれました。今回の脱法ドラッグは、規制薬物ではなかったので、前科がつかず、会社も続けることができました。もう脱法ドラッグはやりません。先生ありがとう。

脱法ドラッグ事件の解決方法

脱法ドラッグの前科を付けない方法は?

脱法ドラッグや危険ドラッグの事件で検挙された後、前科を付けずに事件を解決するためには、不起訴処分を獲得する必要があります。不起訴処分を獲得することができれば、ご相談者に脱法ドラッグの前科は付きません

脱法ドラッグを所持したり、使用したりすれば、麻薬及び向精神薬取締法違反や、薬事法違反の罪に問われる可能性があります。脱法ドラッグ、危険ドラッグ、合法ハーブと、その呼び名は様々ですが、その実質は、単なる違法薬物であることも多いです。警察に検挙された場合は、刑事弁護士を付けてスピーディーに対応することが大切です。

脱法ドラッグの刑事処罰を軽くする方法は?

脱法ドラッグや危険ドラッグを所持・使用した事件で、麻薬及び向精神薬取締法違反や薬事法違反の罪で起訴された場合、刑事処罰を軽くするためには、担当の裁判官に良い心証をもってもらう必要があります。

脱法ドラッグの刑事裁判では、検察官から懲役刑を求刑されることになります。この点、懲役刑が求刑されたとしても、裁判官から執行猶予付きの判決を得ることができれば、直ちに刑務所に行く必要はありません。判決後は、通常の日常生活を送ることができ、執行猶予の経過により、言い渡された懲役刑は消滅します。

脱法ドラッグで留置場から釈放される方法は?

脱法ドラッグや危険ドラッグに関する犯罪で逮捕された場合、早く留置場から釈放されるためには、不起訴処分を獲得する必要があります。不起訴処分になれば、新たな事件で再逮捕されない限り、留置場から出ることができます

また、脱法ドラッグや危険ドラッグに関連して、麻薬及び向精神薬取締法違反、または薬事法違反などの罪で起訴された場合は、早く留置場から出るためには、保釈を請求する必要があります。保釈の請求は、事件が起訴された後に限り、行うことができます。保釈金は、150万円〜200万円程度になるケースが多いです。

保釈が認められるためには、脱法ドラッグや危険ドラッグの事件に関連して、証拠を隠滅するおそれがないと認定される必要があります。脱法ドラッグを長期間にわたり販売していた事件や、危険ドラッグを複数人で使用していた事件では、この点について、弁護活動によってしっかりとケアすることが大切です。

より詳しい解決方法は罪名別インタビューに続く
(アイコンをクリック)

  • 痴漢
  • 盗撮
  • わいせつ
  • 児童買春
  • 児童ポルノ
  • 大麻
  • 覚醒剤
  • 暴力、傷害
  • 死亡事故
  • ひき逃げ
  • 飲酒運転
  • 窃盗、万引き
  • 組織詐欺
  • ご家族お気楽にお電話ください

親身で頼りになる弁護士とすぐに相談できます

弁護士の活用法を大公開!!