電話する

弁護士の活用法を大公開!!

test

援助交際(事件の解決方法)

援助交際事件の解決方法を相談できる刑事弁護士をお探しなら、刑事事件に強い弊所にご相談ください。相談・弁護依頼をすると援助交際の悩みや不安を解消できます。名古屋など全国9都市でご相談いただけます。

援助交際の弁護士相談

よくある相談例

3日前、名古屋市内のホテルでネットの掲示板で知り合った未成年の女の子と、お金を払って性行為をしました。しかし、昨日それが親にバレてしまい、「それは援助交際だ。警察に通報する」と言われてしまいました。

私は名古屋市内の大学受験向け予備校で講師の仕事をしています。自分で言うのもなんですが、校内でも人気の授業を受け持っています。ただ仕事柄、高校生と関わる機会が多く、未成年の女の子に興味を持ってしまいました。

一番の悩みは、援助交際といっても具体的にどんな罪に該当し、今後逮捕されてしまうのか、というところです。仕事もあるので、なんとか長期間逮捕されることは避けたいと思っています。なので、逮捕や釈放に強い弁護士さんに相談したいと思っています。

よくある解決パターン

援助交際がバレてから、すぐにネットで探して貴法律事務所に電話しました。夜でも電話がつながって安心できて、法律相談でも、担当の弁護士さんが信頼できる感じだったので、「この先生にお願いしたい。」と思って決めました。

先生は、相手の女の子の年齢を確認して、今回の事件が児童買春にはあたらないことを説明して親を納得させてくれました。先生のお陰で、今も予備校講師として頑張れているので、今後はこういうことをしないように気を付けて、一生懸命生きていきます。

援助交際事件の解決方法

援助交際の前科を付けない方法は?

援助交際の前科を付けないための方法は、「起訴猶予による不起訴処分」を狙う方法と、「嫌疑不十分による不起訴処分」を狙う方法の、大きく二通りの方法があります。

刑事弁護士の仕事をしていると、「援助交際をしてしまったが、いつ警察が来るかと思い、怖くてたまらない。」「援助交際の相手が警察に補導されたようだ。自分のこともばれてしまうかもしれない。」という相談をよく受けます。

援助交際は、児童買春という犯罪です。新聞報道でもよくある通り、警察に見つかれば逮捕されてしまいます。でも、適切なタイミングで適切な弁護活動を受ければ、児童買春罪の前科を付けないで済むケースもあります

私たちが過去取り扱った援助交際事件でも、援助交際の相手方(の両親)と話し合いで事件を解決し、無事に不起訴処分を獲得したケースが多数あります

援助交際に強い刑事弁護士に相談すれば、ご相談者に前科を付けないために、様々な弁護プランの提案を受けることができます。

援助交際の刑事処罰を軽くする方法は?

援助交際の事実、児童買春の容疑で刑事裁判を受けることになっても、その後の対応しだいで、ご相談者に対する刑事処罰を軽くすることができます

刑事裁判の判決を決めるのは裁判官です。そのため、刑事処罰を軽くするためには、弁護活動を通じて、裁判官に良い心証をもってもらう必要があります。

援助交際に強い刑事弁護士であれば、その点の弁護活動に慣れています。

児童買春の罪は相手方のある犯罪です。裁判官に良い心証をもってもらうためには、自分に不利な事実を素直に認め、相手方に謝罪と賠償を尽くし、更生の意欲を行動で示していることが大切です。

援助交際で留置場から釈放される方法は?

援助交際の罪で留置場から釈放されるためには、勾留決定をくつがえす方法と、保釈決定を得る方法の、大きく二通りの方法があります。援助交際は、警察に見つかれば、まず逮捕され、その上で捜査が進められるケースが多いです。

もっとも、援助交際の罪で逮捕されてしまっても、その後に適切な弁護活動を受ければ、スムーズに留置場から釈放される場合があります

援助交際の罪で留置場から釈放されるためには、「本件援助交際に関連する証拠を隠滅するおそれがないこと」「逃亡のおそれがないこと」を、弁護活動を通じて、捜査機関と裁判所に示していくことが大切です。


より詳しい解決方法は罪名別インタビューに続く
(アイコンをクリック)

  • 痴漢
  • 盗撮
  • わいせつ
  • 児童買春
  • 児童ポルノ
  • 大麻
  • 覚醒剤
  • 暴力、傷害
  • 死亡事故
  • ひき逃げ
  • 飲酒運転
  • 窃盗、万引き
  • 組織詐欺
  • ご家族お気楽にお電話ください

親身で頼りになる弁護士とすぐに相談できます

弁護士の活用法を大公開!!