電話する

弁護士の活用法を大公開!!

test

事件の解決方法

事件の解決方法
刑事事件の解決方法を相談できる刑事弁護士をお探しなら、刑事事件に強い弊所にご相談ください。相談・弁護依頼をすると刑事事件の悩みや不安を解消できます。名古屋など全国9都市でご相談いただけます。

刑事事件専門の解決方法とは?

刑事事件専門の解決方法とは?

刑事事件には、刑事事件にしかない独自の解決方法があります。刑事事件を穏便に解決するためには、刑事事件の特性に対応した適切な活動を尽くすこと、刑事事件のポイントを知り尽くした弁護士に解決を依頼することがもっとも大切です。

刑事事件には、刑事事件独自の解決方法があります。

民事事件は、私人(民間人)と私人の争いなのに対し、刑事事件は、私人(容疑者)と国家権力(警察や検察)との争いです。刑事事件を穏便に解決するためには、この刑事事件の特性を踏まえて、慎重に行動する必要があります。

 

まず、刑事事件は、警察から捜査を受けることでスタートします。捜査は、令状に基づいて逮捕や家宅捜索される「強制捜査」と、令状に基づかない「任意捜査」に分かれます。

刑事弁護士を立てて対応することで、トラブルが警察段階で止まれば、それ以上、刑事事件が深刻化することはありません。警察段階でトラブルが止まる例としては、「警察が被害届を正式に受理する前に示談が成立した。」「警察による初期の捜査段階で別の真犯人が判明した。」場合などがあります。

 

次に、刑事事件は、警察から検察庁へと送られます。刑事事件に対する終局的な処分を下すのは、警察官ではなく検察官だからです。検察官は、事件を起訴すべきかどうかを確認するために、補充の捜査を進めます。刑事弁護士を立てて対応することで、トラブルが検察段階で止まれば、公開の法廷で刑事裁判を受ける必要はありません。検察段階でトラブルが止まる例としては、「強姦罪や強制わいせつ罪などの親告罪で、被害者と示談が成立し、告訴が取り消された。」「刑事弁護士の積極的な主張により、証拠が不十分なことが判明した。」場合などがあります。

 

なお、検察官によって起訴された刑事事件は、裁判所の刑事部で刑事裁判を受けることになります。刑事裁判では、検察官から懲役刑を求刑されることが多いです。懲役刑を求刑された場合でも、判決で「執行猶予」が言い渡されれば、直ちには刑務所に行く必要はありません。刑事弁護士を立てて刑事裁判の準備を進めることで、執行猶予が言い渡される可能性を高めることができます。

被害者がいる刑事事件では、示談を成立させることが大切です。

刑事事件の重要な解決方法として、被害者との示談が挙げられます。被害者がいる刑事事件では、被害者に対し謝罪と賠償を尽くして、示談を成立させることが大切です。窃盗や詐欺などの財産的被害を与える犯罪であれば、十分な被害弁償を行ない、痴漢や強姦などの身体的・精神的被害を与える犯罪でも、十分な慰謝の措置を講じる必要があります。

 

特に、強姦罪や強制わいせつ罪、器物損壊罪などの親告罪と言われる犯罪では、被害者と示談がまとまり告訴が取り消されれば、事件が起訴されることはありません。これは、必ず不起訴処分を獲得することができ、前科が付くことはない、ということを意味します。前科が付かなければ、その後の社会復帰がスムーズです。

逮捕されている刑事事件では、まず釈放されることが大切です。

さらに、被疑者本人が警察署で逮捕・勾留されている刑事事件では、まず留置場から釈放されることが大切になってきます。留置場から釈放されれば、その後は基本的に自由に日常生活を送ることができ、刑事弁護士との打合せや捜査・裁判への対応も十分に行うことができるからです。

 

刑事事件を起こして逮捕・勾留されてしまった場合でも、留置場から釈放されるためにできる弁護活動はたくさんあります。経験豊かな刑事弁護士であれば、「勾留決定が出ないように交渉する。」「一度出た勾留決定を準抗告という不服申立て手続きにより覆す。」「勾留の執行や取り消しを請求する。」「起訴後に保釈を申し立てる。」など、あらゆる手段を使って、留置場からの釈放を実現するよう努めます。

刑事事件専門の弁護士によくある相談

それでは、刑事事件専門の弁護士によくある相談とは、具体的にどのような相談でしょう?具体的な相談ケースを見ながら、確認してみましょう。

性犯罪トラブルのよくある相談

先日、主人が痴漢をした容疑で警察に逮捕されてしまいました。痴漢をしたのは名古屋市内の地下鉄の駅と聞いていますが、詳しいことはよく分かりません。夫が逮捕されたことは、愛知県警の担当者から連絡があり知りました。夫は容疑を認めていると聞いています。このまま痴漢の逮捕が長引けば、会社に出社することができず、仕事を解雇されてしまうかもしれません。今後はどう対応すべきでしょうか?

自動車の犯罪トラブルのよくある相談

居眠り運転で赤信号を無視して交差点に侵入し、交通事故を起こしてしまいました。交通事故は、自動車運転処罰法という新しい犯罪で処罰されると聞いたのですが、自動車運転処罰法とはどのような犯罪でしょうか?また、私の事故は危険運転罪になってしまうのではないかと心配しています。幸い、相手方のけがが軽かったため、逮捕されずに済みましたが、今後は刑事裁判になってしまうのでしょうか?

薬物の犯罪トラブルのよくある相談

私は普段から、最近よくニュースで取り上げられる脱法ドラッグや危険ドラッグを使っていたのですが、先日はエスカレートして大麻を使ってしまいました。実は、後から知ったことなのですが、大麻を譲り受けた先輩には大麻取締法違反の前科があるらしく、警察が捜査すれば、私も逮捕されてしまうのではないかと不安になってきました。違法薬物を使った場合の刑事処罰について詳しく知りたいと思っています。

暴力の犯罪トラブルのよくある相談

JR名古屋駅のホームで元交際相手と口論になり、そのまま相手を階段の下に突き落としてしまいました。私は怖くなってその場を逃げたのですが、1時間くらい後にその現場に行ってみると、数人の警察官が現場検証みたいなことをしていました。私はこのまま逮捕されてしまうのでしょうか?刑事事件の前科が付いてしまうと、就職ができないのではないかと心配しています。弁護士を依頼した方がよいでしょうか?

示談の犯罪トラブルのよくある相談

傷害事件の加害者です。名古屋市の千種区にあるコンビニエンスストアで、居合わせた客と口論になり、相手の顔面を拳で殴ってけがを負わせてしまいました。その後、近くの交番から警察官がやってきて、「あなたがやったことは、傷害罪という刑事事件だ。書類を作成する必要があるので、協力して欲しい。」と言われて、最寄りの警察署へ連れて行かれました。示談で解決したいと思っているのですが、大丈夫でしょうか?

刑事手続きのよくある相談

先日起こした刑事事件のことで、名古屋地方検察庁から呼び出しを受けました。数か月ほど前に名古屋市内の北警察署で取り調べを受けた際に事情を十分に説明したので、もう今回の刑事事件は終わったと思っていたのですが、これはどういうことでしょうか?刑事事件の手続きの流れがよく分からず、困惑しています。名古屋地方検察庁から呼び出されたといことは逮捕されるということですか?教えてください。

逮捕のよくある相談

息子が愛知県警に逮捕されました。逮捕されたことは息子の友人から聞き知ったのですが、事件の内容や逮捕された警察署はよく分かりません。事件は違法薬物を所持していたか、詐欺に関与したかもしれないとのことです。逮捕された警察署は、名古屋市内の西警察署や中村警察署などの電話をしてみたのですが、よく分からなかったです。逮捕された後は、どうなってしまうのでしょうか?今できることを教えて下さい。

より詳しい解決方法は罪名別インタビューに続く
(アイコンをクリック)

  • 痴漢
  • 盗撮
  • わいせつ
  • 児童買春
  • 児童ポルノ
  • 大麻
  • 覚醒剤
  • 暴力、傷害
  • 死亡事故
  • ひき逃げ
  • 飲酒運転
  • 窃盗、万引き
  • 組織詐欺
  • ご家族お気楽にお電話ください

親身で頼りになる弁護士とすぐに相談できます

弁護士の活用法を大公開!!