電話する

弁護士の活用法を大公開!!

test

名古屋ほか全国から集まる刑事弁護の依頼者の評判

dummy1
準強制わいせつで逮捕されても、弊所弁護士の迅速な弁護活動で社会復帰・職場復帰を果たされた依頼者の評判をご覧ください。
どんな刑事事件も、1本のフリーダイヤルが解決への第一歩です。弊所は24時間365日、名古屋ほか全国の刑事事件でお困りの方の相談受付に対応しています。お気軽にお電話ください。

準強制わいせつ事件で前科阻止を実現した依頼者の評判(25031-O)
「弁護士さんに親切な対応をしてもらい、示談になり告訴も取り下げてもらえ安心しました。」

事件から解決に至る流れ

会社員の依頼者が、ネットカフェで寝ている女性の胸を触った準強制わいせつの容疑で警察に逮捕された事件。
依頼者のご家族が弊所にお電話をされ、法律相談を受けられ、事件を依頼されました。
法律相談を担当した弁護士は、被害者とすぐに示談交渉を進めた結果、示談が成立し、事件を許すとの意向を得ることができました。また、弁護活動により、検察官の勾留請求は認められず、依頼者は留置場に勾留されることなく、事件は不起訴で終了しました。
依頼者には前科がつくことなく、すぐに留置場から釈放され、社会復帰を果たされました。

依頼者直筆のメッセージ

早急なご対応ありがとうございました。担当の弁護士さんには、とても親切な対応をしていただき、感謝しています。突然のことで、ただどうしたらいいのか不安でしたが、貴事務所に相談できて動いて頂いてからは少しずつ安心する毎日でした。示談になり告訴も取り下げる結果となり、ようやく安心しました。これからも困っている方々の力になって下さい。もう少しお金が安ければいいですね。

事件のポイント

準強制わいせつ事件で逮捕されたら

準強制わいせつ罪は、「親告罪」といって、被害者の告訴がなければ起訴できない犯罪類型です。そのため、準強制わいせつ事件では、弁護士を通じて被害者に謝罪と賠償を尽くし、示談を締結してもらい、告訴を取り消してもらうことができれば、不起訴処分を獲得することができます。

準強制わいせつ事件で不起訴処分が獲得できれば、前科がつくことを避けられる、留置場から釈放される、後々の損害賠償請求など民事的な問題も一度に解決できるという、様々な効果があります。

今回の事件のポイント

今回の準強制わいせつ事件では、被害者の事情で示談の猶予がほとんどないというケースでした。担当弁護士は、直ちに示談交渉を進め、被害者との示談締結に加え、事件を許すという示談書を得て、さらに告訴の取り消しをしてもらうことができました。検察側は、当初逮捕に引き続いて10日間の勾留を請求していましたが、弁護士が裁判官に交流の必要がないことなどを訴えた結果、勾留は認められず、依頼者は3日で釈放されました。
不起訴処分の獲得により依頼者には前科がつくことなく、早期の釈放を実現できたことにより、依頼者は無事社会復帰を果たされました。

より詳しい解決方法は罪名別インタビューに続く
(アイコンをクリック)

  • 痴漢
  • 盗撮
  • わいせつ
  • 児童買春
  • 児童ポルノ
  • 大麻
  • 覚醒剤
  • 暴力、傷害
  • 死亡事故
  • ひき逃げ
  • 飲酒運転
  • 窃盗、万引き
  • 組織詐欺
  • ご家族お気楽にお電話ください

親身で頼りになる弁護士とすぐに相談できます

弁護士の活用法を大公開!!