電話する

弁護士の活用法を大公開!!

test

名古屋ほか全国から集まる刑事弁護の依頼者の評判

dummy1
窃盗で逮捕されても、弊所弁護士の迅速な弁護活動で社会復帰・職場復帰を果たされた依頼者のメッセージをご覧ください。
どんな刑事事件も、1本のフリーダイヤルが解決への第一歩です。弊所は24時間365日、名古屋ほか全国の刑事事件でお困りの方の相談受付に対応しています。お気軽にお電話ください。

窃盗事件で前科阻止を実現した依頼者の評判(23107-T)
「1日も早く釈放できたこと、嬉しく思っています。今は毎日元気に会社に通っています。」

事件から解決に至る流れ

会社員の依頼者が、パチンコ店で財布を置き引きした窃盗の容疑で警察に逮捕・勾留された事件。
検察から依頼者が10日勾留されるという連絡を受けたご家族が弊所にお電話をされ、法律相談の後、事件を依頼されました。
法律相談を担当した弁護士が、すぐに窃盗の被害者との示談交渉を進め、示談が成立して事件を許すという意向を得ることができました。これにより、事件は不起訴で終了しました。
事件が不起訴処分で終了したため、依頼者はすぐに留置場から釈放され、職場復帰することができました。

依頼者直筆のメッセージ

夢にも思っていない今回の件、最初電話が来た時はびっくりというか言葉がありませんでした。毎日毎日、いつ釈放かと考え、何も手につきませんでした。家族と相談して弁護士さんを依頼して、一日も早く釈放できた事、嬉しく思っています。又、弁護士さんもいち早く動いてくれて安心しました。今は毎日元気に会社出勤しています。本当にありがとうございました。

事件のポイント

窃盗事件で逮捕されたら

窃盗の容疑で逮捕・勾留され、証拠から犯罪が認定できる場合でも、事件が不起訴処分で終了すれば、前科がつくことなく留置場から釈放されることができます。そのためには、被害者に謝罪と賠償を尽くして示談を締結し、被害者から「今回の事件を許す」旨の意思が表明された示談書を得ることが重要です。検察官にこうした事情をしっかり伝えることで、あえて起訴する必要はないとする起訴猶予処分を獲得していくことになります。

窃盗事件で不起訴処分が獲得できれば、前科がつくことを避けられる、留置場から釈放される、後々の損害賠償請求など民事的な問題も一度に解決できるという、様々な効果があります。

今回の事件のポイント

今回の窃盗事件では、逮捕の後、勾留が決定されていました。しかし、そのような場合でも、刑事裁判になることを防いで、早期の釈放を実現できる場合があります。
今回の事件では、担当弁護士が、直ちに窃盗事件の被害者と示談交渉を進め、無事示談を締結して事件を許すことを示した示談書を得ることができたことが、依頼者の不起訴処分獲得と早期の社会復帰につながりました。

より詳しい解決方法は罪名別インタビューに続く
(アイコンをクリック)

  • 痴漢
  • 盗撮
  • わいせつ
  • 児童買春
  • 児童ポルノ
  • 大麻
  • 覚醒剤
  • 暴力、傷害
  • 死亡事故
  • ひき逃げ
  • 飲酒運転
  • 窃盗、万引き
  • 組織詐欺
  • ご家族お気楽にお電話ください

親身で頼りになる弁護士とすぐに相談できます

弁護士の活用法を大公開!!