電話する

弁護士の活用法を大公開!!

test

痴漢の示談(弁護士コラム)

痴漢に強い刑事事件の弁護士が、痴漢の示談のよくある質問にお答えします。痴漢の示談のことでお悩みなら、弊所の刑事弁護士にご相談ください。名古屋など全国7都市でお待ちしております。

痴漢の示談の弁護士コラム

痴漢の被害者と示談をすることのメリットは?

痴漢の被害者と示談することには、どのようなメリットがあるでしょうか。

  • 示談できれば、事件が起きても逮捕されない可能性が高まる。

逮捕されていない段階であれば、痴漢事件を起こしてしまっても、逮捕されない可能性が高くなるというメリットがあります。これは、示談を交わして被害者から許してもらうことにより、あなたが逃亡や証拠隠滅をするおそれがないことが裏づけられ、逮捕の必要性がないといえるようになるからです。

  • 示談できれば、逮捕されても勾留を避けられる可能性が高まる。

逮捕された段階であれば、その後に勾留されない可能性が高くなるというメリットがあります。これも、示談により逃亡や証拠隠滅のおそれがないことが裏づけられ、勾留の理由がないといえるようになるからです。

  • 示談できれば、勾留されても釈放される可能性が高まる。

勾留された段階でも、その後に示談を交わせば、勾留取り消し請求が認められる可能性が高くなります。これは、勾留後に示談を交わしたことにより、勾留の理由が事後的に消滅したといえるようになるからです。

  • 示談できれば、前科阻止の可能性が高まる。

刑事処分との関係では、初犯や前科1犯程度であれば不起訴(起訴猶予)となる可能性が高くなるというメリットがあります。これは、示談をして被害者から許してもらうことで、被害が回復したことが裏づけられ、処罰の必要性が乏しいといえるようになるからです。不起訴になれば、当然、前科もつきません。前科がないということは、その後の人生において計り知れない価値をもってきます。

  • 示談できれば、民事上の問題も解決できる。

示談の際に、事件に関してあなたと相手(被害者)との間には示談金支払債務以外の債権債務関係が存在しないという条項を盛り込むことで、民事上の関係も清算されるというメリットがあります。民事上の関係が清算されることによって、刑事手続とは別途に民事訴訟で不法行為に基づく損害賠償請求を受けるということがなくなります。訴訟を戦うことは精神的にも物理的にも非常な負担になることを考えると、別途民事訴訟を争わなくて済むというメリットも、非常に大きな意味があります。

痴漢の被害者に対して、加害者本人や家族が謝罪し、示談することはできるか?

あなたが痴漢を行ない、検挙され、示談をしたいと考えている場合、あなた本人や家族から被害者に連絡することはできるでしょうか。

捜査機関は、加害者本人やその家族には、被害者の連絡先を教えないのが通例です。たとえ、謝罪や示談交渉のためであっても、この扱いは変わりません。被害者の連絡先は、加害者側に弁護士がついた後で初めて、被害者の承諾をとって弁護士限りで教えてもらえるようになります。そのため、あなたが被害者に謝罪して示談をしたいと思ったときは、弁護士を立てるのが一番スムーズです。

痴漢の被害者が激怒している。示談をすることはできるか?

あなたが痴漢で検挙された場合、被害者と示談をして穏便に済ませたいところです。ところが、被害者やその両親(以下「被害者側」といいます)は、怒っている場合でも、示談に応じてもらうにはどうすればいいでしょうか。

  • 弁護士を付けずに示談交渉する場合

痴漢事件では、あなたは被害者側の連絡先を知らないのが通例です。そこで、示談の話を持ちかけるには、被害者側の連絡先を教えてもらう必要があります。しかし、警察や検察は、あなた本人やその家族には、被害者の連絡先を教えてくれないのが通常です。これは、あなたの側から被害者側に口裏合わせを働きかけるといった証拠隠滅の可能性をおそれての扱いです。

  • 弁護士を付けて示談交渉する場合

あなたが弁護士をつけて、弁護士から示談を申し出た場合には、警察・検察も弁護士限りで被害者側の連絡先を教えてくれます(厳密には、まず被害者側に「弁護士が示談を申し出ているが、連絡先を教えてもいいか」と打診し、被害者側が了承した場合に、被害者側の連絡先を弁護士に教えてくれるのです)。そして、被害者側も、あなた本人やその家族とは会いたがらない場合でも、弁護士とであれば、会って示談交渉に応じてくれるということがしばしばあります。そして、実際に会って交渉を始めてみれば、示談は最終的にはまとまることが多いのです。

このように、当初は被害者側が怒って会いたがらない場合でも、弁護士を間に立てることによって、会って示談交渉に応じてくれることは意外と多くあります。この意味で、示談をしたいとご希望のときは、弁護士を立てるのが一番です。

痴漢の被害者と示談をしたい。示談金・慰謝料の相場はあるか?

あなたが痴漢を行ない、被害者と示談をしたいと考えている場合、示談金や慰謝料に相場はあるでしょうか。

  • 痴漢事件の示談金の相場とは

示談の内容は、当事者の合意によって決められます。そのため、示談金の額も、当事者がどのような合意をするかによってケースバイケースです。また、慰謝料も、精神的な苦痛を回復させるという性質のものなので、被害者がどれだけ精神的な苦痛を被ったかによって、慰謝料の額は千差万別です。そのため、示談金や慰謝料の額に、一般的な相場というものは存在しません。

  • 痴漢事件の示談金の目安とは

ただ、示談金・慰謝料の上限の目安は、存在します。痴漢が各都道府県の迷惑行為防止条例違反に当たる場合、初犯ならば罰金になるのが通常ですが、罰金刑の上限は大半の条例では50万円です。そのため、50万円を超える示談金・慰謝料を要求された場合には、加害者の側で、「それだったら罰金になった方がましだ」と考えて、かえって示談をしなくなってしまう傾向があるのです。そうしたことから、おおむね50万円が、示談金・慰謝料の上限の目安となっているのです。

痴漢容疑で逮捕された。酒に酔っていてやったことを覚えていないが、示談すべきか?

あなたが痴漢の容疑で逮捕されました。しかし、あなたは逮捕当時酒に酔っ払っており、自分がやったのかどうか覚えていないような場合は、示談すべきでしょうか。

自分がやったのかどうか酔っていて覚えていない場合に示談をすることには、メリットとデメリットとがあります。

  • 記憶にない事件で示談することのメリット

メリットとしては、示談をして許してもらえば、起訴猶予として不起訴になることが挙げられます。不起訴になれば、裁判にもなりませんし、前科もつきません。

  • 記憶にない事件で示談することのデメリット

デメリットとしては、まず、後で裁判になったときなどに、冤罪であって無罪だと主張しても、先に示談において自分の犯行を認めたこととの関係上、その主張が信用してもらえないことです。次に、否認していれば嫌疑不十分で不起訴となりうるときでも、示談をしてしまえば起訴猶予での不起訴となるにとどまるという点です。もっとも、嫌疑不十分であれ起訴猶予であれ、不起訴という法的な効果に違いはありません。そのため、このデメリットは、多分にあなた個人の心理的な納得の問題に帰着します。

酔って記憶がないケースで示談をすることには、このようにメリット・デメリットの両方があります。どちらを選ぶかは、あなたが最終的に何を重視するかによって判断することになります。ただ、その判断をする際には、弁護士と相談しながら、あなたのケースに即して、メリット・デメリットを具体的に比較することをお勧めします。

よくある痴漢の示談の弁護士相談

被害者との示談をする事のメリットについて教えてください。数日前警察に検挙されましたが半日で釈放され、逮捕・勾留にはなりませんでした。示談金50万円を払って起訴猶予で不起訴と罰金30万円を支払って終了の場合20万円余計な出費があったと感じるのですが、前科が付くとどのような不利益があるのか、示談すれば民事裁判は起されないか等を聞きたいです。

示談をした場合、被害者は私の犯した罪を許してくれるのでしょうか?逮捕勾留されてすぐに示談をした場合、勾留期間は短縮され釈放が早まることはあるのでしょうか?

被害者と示談が成立した場合は不起訴や起訴猶予になる可能性は高くなるのでしょうか?

前科があった場合はたとえ示談があったとして刑が軽くなることはないのでしょうか?

 

私は痴漢をした加害者の家族です。被害者に謝罪をして示談をしたいと考えていますが。相手の連絡先が分かりません。こういった場合示談は出来ないのでしょうか。また家族からの謝罪というのはした方がいいのでしょうか。

加害者の家族が被害者やその家族に謝罪をすることで、本人に有利になることはあるのでしょうか?

相手が怒っていて示談は厳しい場合はもう示談をあきらめるしか方法はないのでしょうか?専門家の視点から教えてください。

 

痴漢事件を起したのですが被害者が未成年だったので両親が激怒しているそうです。示談は難しいでしょうか。警察も検察も被害者の連絡先は教えてくれませんでしたが、弁護士に示談を依頼したら相手と連絡は採れるものなのでしょうか。

警察や検察は被害者の連絡先を教えないとよく聞きますが、これはプライバシーの問題からですか?両親が怒っていても、本人に示談の意志があるならば本人と示談するということで示談交渉は成立できますよね?

被害者と示談をしたいのですが、あまり高額な示談金は払えません。痴漢の示談金の相場はいくらですか。また示談後に慰謝料を別に請求されることは無いのでしょうか。罰金よりも高額になるのであれば罰金でもいいかなと考えています。

示談金は自分と被害者とで交渉するよりも、やはり弁護士を入れて交渉したほうが示談金を低く抑えることができるのでしょうか?示談金と慰謝料の違いは何か教えてください。ちなみに、罰金になった場合の相場はどのくらいでしょうか?罰金になると不利になるような気がしますので、その点も相談したいです。

 

痴漢事件を起して逮捕されたのですが当時酒を大量に飲んでいて泥酔状態だったので全く覚えていません。冤罪ということも考えられます。このまま否認していたら嫌疑不十分で不起訴になったり裁判で無罪になったりする可能性もありますよね。そういった場合でも認めて示談をして起訴猶予にしてもらった方が良いのでしょうか。

酒によって事件のことを全く覚えていない場合、痴漢をしようと思ってしているわけではないから、罪の意識なく裁判では無罪ということになりませんでしょうか?不起訴には起訴猶予・嫌疑不十分のほかに何かありますでしょうか?逮捕後否認をずっとしていた場合、刑が重くなるようなことがあるのでしょうか?

より詳しい解決方法は罪名別インタビューに続く
(アイコンをクリック)

  • 痴漢
  • 盗撮
  • わいせつ
  • 児童買春
  • 児童ポルノ
  • 大麻
  • 覚醒剤
  • 暴力、傷害
  • 死亡事故
  • ひき逃げ
  • 飲酒運転
  • 窃盗、万引き
  • 組織詐欺
  • ご家族お気楽にお電話ください

親身で頼りになる弁護士とすぐに相談できます

弁護士の活用法を大公開!!