電話する

弁護士の活用法を大公開!!

test

麻薬・向精神薬(弁護士コラム)

麻薬・向精神薬に強い刑事事件の弁護士が、麻薬・向精神薬のよくある質問にお答えします。麻薬・向精神薬事件のことでお悩みなら、弊所の刑事弁護士にご相談ください。名古屋など全国7都市でお待ちしております。

麻薬・向精神薬の弁護士コラム

麻薬はどのような法律で規制される?罰則は?

ここでは、麻薬がどのような法律で取り締まられるか、また、どのような罰則があるかについて見てみましょう。

麻薬は、「麻薬及び向精神薬取締法」という法律で規制されます。同法には罰則もあるので、この法律の規則に違反すると刑罰が下されることになります。

  • 麻薬及び向精神薬取締法で取り締まられる行為とは?

取り締まりの対象となる行為は、ヘロイン・モルヒネ・コカイン・MDMA等について、輸入・輸出・製造すること、また、小分け・売買すること(譲渡・譲受け)・交付・所持・施用・廃棄・施用を受けることです。

  • 麻薬の種類によって刑罰の重さが異なる

罰則は、ヘロインの輸入・輸出・製造が最も重く、次にモルヒネ・コカイン・MDMA等の輸入・輸出・製造が重く罰せられます。そして、ヘロインの売買や所持、交付などの行為が3番目に重く罰せられ、最後にモルヒネ・コカイン・MDMA等の売買や所持、交付などの行為が4番目に重く罰せられます。なお、いずれの行為についても、営利目的で行なった場合は、法定刑が重くなるほか、罰金も併せて科せられるようになります。

麻薬及び向精神薬取締法で規制される薬物の種類は?

麻薬及び向精神薬取締法で規制される薬物の種類は、どのようなものがあるでしょうか。

  • ヘロインが麻薬の中で最も重く処罰される

まず、ヘロインが挙げられます。ジアセチルモルヒネともいいます。麻薬の中で最も厳しく処罰される対象です。

  • ヘロイン以外の麻薬とは

コカイン、モルヒネ、LSD、MDMA、といったヘロイン以外の麻薬や、あへん、マジックマッシュルームといった薬物があります。麻薬及び向精神薬取締法では、これらの薬物は、ヘロイン以外の麻薬及び向精神薬として、一つのグループで扱われて処罰されています。

麻薬、向精神薬、大麻、覚醒剤の違いは?罰則の違いは?

違法な薬物の代表例として、麻薬、向精神薬、大麻、覚醒剤などがあります。これらはどのような違いがあるのでしょうか。

  • 薬物の種類によって処罰する法律が異なる

薬物の原料が異なると、含まれている成分も異なります。それを受けて、使用したときに得られる効果にも、神経を抑制する方向と覚醒させる方向とで違いがあります。そして、取締法規も、「麻薬及び向精神薬取締法」、「大麻取締法」、「覚せい剤取締法」とそれぞれ異なり、罰則もそれぞれの法律に設けられています。そのため、刑罰の重さも違います。

  • 単純所持の場合の薬物ごとの刑罰の重さは?

たとえば、営利目的でない所持についてみると、覚醒剤とヘロイン(麻薬の一種)の所持が10年以下の懲役と最も重く、次にコカイン・モルヒネ・MDMAといったヘロイン以外の麻薬の所持が7年以下の懲役、そして大麻の所持が5年以下の懲役とされています。

麻薬及び向精神薬取締法違反で逮捕された。その後どうなる?

あなたが麻薬を所持または使用していたことにより、麻薬及び向精神薬取締法違反で逮捕されたとします。その後の流れは、どのようになるでしょうか。

  • 多くの場合、最大20日間勾留される

麻薬及び向精神薬取締法違反で逮捕されると、鑑定や入手経路の捜査のため、勾留までされてしまうのが通常です。また、勾留される期間は、延長も含めて最大20日間に及ぶことが多いです。麻薬使用の証拠が揃った場合には、あなたが自白して反省の意思を示している場合でも、起訴されるのが通例です。

  • 初犯の場合は執行猶予が期待できる

裁判では、同種前科がなく初犯なら、多くの場合、判決は懲役1年6か月・執行猶予3年となります。他方、同種前科があれば、2犯目からは懲役が4〜6か月ほどずつ増えてゆきます。また、執行猶予をつけてもらうことも、2犯目からは困難ないし法的に不可能になるでしょう。

麻薬及び向精神薬取締法違反で逮捕された。弁護士に相談するメリットは?

麻薬及び向精神薬取締法違反で逮捕された場合、弁護士に相談することには、どのようなメリットがあるでしょうか。

  • 取調べの対応についてのアドバイスが受けられる

弁護士がつくと、取り調べへの対応についてアドバイスを受けることができます。特に余罪がある場合には、余罪について1人で対応するのは、難しいところがあります。そんなとき、弁護と相談することができると、とても心強くなります。

  • 早期釈放のための弁護活動が受けられる

弁護士がつけば、釈放される方法についてもアドバイスを受けることができ、依頼をすれば身柄解放活動をしてもらうことができます。逮捕された後、勾留されるかどうかによって、あなたの生活には天と地ほどの差が生まれます。まずは勾留されないことを目指して、スピーディーに身柄解放活動をしてもらうことが極めて重要です。

  • 裁判に向けた準備を進められる

弁護士がつけば、保釈や執行猶予を得ることを見据えて、有利な情状を積み上げてゆく方法も教えてもらうことができます。

このように、麻薬及び向精神薬取締法違反で逮捕された場合に、弁護士に相談することには多くのメリットがあります。逮捕され、今後の対応について困ったときは、ぜひ弁護士にご相談ください。

よくある麻薬・向精神薬の弁護士相談

キメられる薬が欲しくてMDMAを使用してしまいました。六本木の路上で外国人と売買した後、所持していたところを警察に逮捕されました。麻薬及び向精神薬取締法で処罰されると聞きましたが、私はどんな刑罰でどのくらいの罰則を受けることになるでしょうか?

そもそも麻薬及び向精神薬取締法は刑法とは違うのでしょうか?さらに使用だけの場合と所持・売買が加わった場合とで罰則の重さはどのくらい変わってくるのでしょうか?

 

外国に滞在中に、コカインとヘロインにはまり、帰国後はLSDやマジックマッシュルーム、あへんなど、様々な種類のドラッグから抜け出せずにいます。麻薬及び向精神薬取締法で処罰されると聞いたのですが、どの薬物が重く処罰されるのですか?

この機に聞いておきたいのですが、麻薬及び向精神薬取締法で処罰される薬物はヘロイン・コカイ・ンあへん・LSD・マジックマッシュルームの種類以外に他にまだありますでしょうか?

 

学生時代に大麻を使い、今はより強く効く麻薬や向精神薬を使っています。覚醒剤は怖いので手を出していません。薬によって取締法に違いがあると聞きましたが、逮捕されたら、私はどんな罪になるのでしょうか?罰則や刑罰はどのくらいなのか、教えてほしいです。

麻薬及び向精神薬取締法と覚醒剤取締法の罰則の重さの違いも後学のために教えてほしいです。

 

マジックマッシュルームを使って、麻薬及び向精神薬取締法違反で逮捕されました。初犯ですが、私は起訴されるでしょうか?留置場には、どのくらいの期間拘束されるでしょうか? 逮捕中の警察からの取調べにはどのように対応すべきでしょうか?初犯で起訴された場合ってどういう状況だったのでしょうか?

 

息子が、繁華街で職務質問を受けた際、MDMAという薬物を持っていたとのことで、麻薬及び向精神薬取締法違反で逮捕されました。弁護士さんに今後の対応について相談できますか?相談したら、どんなメリットがありますか?

刑事事件専門の弁護士さんでない場合と刑事事件専門の弁護士さんの場合とで、弁護活動においての違いなどありますか?知り合いからは、専門の弁護士さんのほうが、経験も情報も沢山あるし、柔軟かつ親身に相談に乗ってくれるからそういう意味でもメリットがあるよとアドバイスされたことがあります。

やはりそうでしょうか?

より詳しい解決方法は罪名別インタビューに続く
(アイコンをクリック)

  • 痴漢
  • 盗撮
  • わいせつ
  • 児童買春
  • 児童ポルノ
  • 大麻
  • 覚醒剤
  • 暴力、傷害
  • 死亡事故
  • ひき逃げ
  • 飲酒運転
  • 窃盗、万引き
  • 組織詐欺
  • ご家族お気楽にお電話ください

親身で頼りになる弁護士とすぐに相談できます

弁護士の活用法を大公開!!