電話する

弁護士の活用法を大公開!!

test

弁護士コラム

弁護士コラム
刑事事件の解決方法を相談できる刑事弁護士をお探しなら、刑事事件に強い弊所にご相談ください。相談・弁護依頼をすると刑事事件の悩みや不安を解消できます。名古屋など全国7都市でご相談いただけます。

刑事事件専門の弁護士とは?

刑事事件に強い刑事弁護士が、刑事事件のよくある質問にお答えします。刑事事件のことでお悩みなら、弊所の刑事弁護士にご相談ください。名古屋など全国7都市でお待ちしております。

弁護士の仕事に専門分野はあるの?

弁護士の業務の範囲は様々です。

民事分野だと、離婚、借金、相続、消費者被害、労働、債権回収、不動産、医療問題などがあります。行政分野だと、行政訴訟や税務訴訟があります。また、刑事分野としては、刑事弁護、少年事件、刑事告訴の代理などの業務があります。

 

弁護士の資格は、司法試験に合格し、司法修習を経て、取得することができます。司法試験では、民事系・刑事系・行政系の法律を勉強しますが、その内容は基本的なものです。実際の仕事では、より専門的な知識が求められます。

 

弁護士の仕事には、医師における「学会認定専門医」制度の様なシステムはありません。しかし、実質的には、普段から取り扱う業務の内容によって、かなり専門化が進んでいるといっても差し支えないでしょう。

刑事事件専門と民事事件専門の違い

刑事事件専門の弁護士とは、普段から刑事事件を多く取り扱っている弁護士のことを言います。刑事事件専門の弁護士は、民事事件専門や企業法務専門の弁護士と異なり、普段から業務の大半が刑事事件で占められているため、警察署への出張や示談などのフットワークが軽い(慣れている)のが特徴です。

 

また、刑事事件専門の弁護士に、刑事事件の解決を依頼すれば、スピーディーかつ穏便な解決が期待できます。刑事弁護士は、捜査の立ち会い、検察官との交渉、被害者との話し合い、保釈の請求など、刑事事件の取り扱いに慣れているからです。刑事事件の穏便な解決には、普段から積み重ねてきた刑事事件の経験が物を言います。

刑事事件の弁護士相談とは?

実際に刑事事件を弁護士に相談するには、どのように相談するのが良いのでしょう?ここでは、刑事事件の弁護士相談を受ける心構えや、刑事事件の弁護士相談を受けるための準備について解説していきます。

刑事事件の弁護士相談を受ける心構え

刑事事件の弁護士相談を受けるにあたって大切なことは、事件の内容をすべて正直に弁護士に話すことです。事件の内容をすべて正直に話してもらわなければ、相談を受けた弁護士としても、今後の有効な対応策を考えることができないからです。

 

弁護士は、相談者に対して、守秘義務を負います。相談で聞いた内容を外部に漏らすことは絶対にありません。まだ警察には発覚していない殺人事件の相談を受けたとしても、これを警察に通報することはありません。それくらい、弁護士が相談者に対して負う守秘義務は強固なものです。

 

刑事事件の弁護士相談を受けるにあたっては、ご相談者に不利な事情も含めて、事件の内容をすべて正直に弁護士に話すようにしましょう。そのことが、最終的には、ご相談者のメリットになります。

刑事事件の弁護士相談を受けるための準備

刑事事件の弁護士相談を受けるにあたっては、あらかじめ次の準備を行っておくことをお勧めします。充実した相談をスムーズに受けることができます。

 

メモ書きを用意する。
事件の内容を整理したメモ書きを用意しておいてください。メモ書きを作成する際は、いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どうしたかという5W1Hを意識するようにしてください。メモ書きは、日付や時間入りで、時系列に沿って書かれているのがベストですが、単なる箇条書きでも構いません。手書きでもパソコン入力でも大丈夫です。

 

関係書類を持参する。
裁判所や関係当局から受け取った関係書類を持参してください。具体的には、裁判所から送られてきた起訴状、警察から受け取った捜索差押え目録(押収品目録)、国選弁護人から受け取った勾留状謄本、相手方と交わした覚書・示談書の類です。事件の内容を客観的に把握する重要な書類ですので、持参していただけると状況把握に役立ちます。

 

質問のポイントを整理する。
弁護士に聞きたい内容をあらかじめ整理しておいてください。1時間の相談時間は、すぐに過ぎてしまう可能性があります。事件の内容を話すのに精一杯で、質問したいことができなければ、不安が残ってしまうでしょう。あらかじめ弁護士に質問したい事項を伝えておけば、事案に関するやり取りも必要最小限ですみます。

刑事事件の弁護士相談の費用(相談料)

刑事事件の相談料は、原則として、1時間1万円(+税)になります。ご相談者の事件や相談内容をよく聞き、しっかりとした回答を行うために、弁護士相談は「1時間単位」で行っています。あらかじめご了承ください。

 

なお、無料相談の制度もあります。ご家族が逮捕・勾留されている場合の法律相談(但し、起訴前に限る)は、「無料」で行うことが可能です。ご家族が逮捕・勾留中の「無料」相談をご希望の方は、お気軽にお申し出ください。

刑事事件専門の弁護士をお探しなら。

実際に刑事事件の加害者として刑事事件専門の弁護士をお探しの方へ。私たちの弁護士事務所には、日本全国の刑事事件を相談・依頼することができます。

名駅、名古屋駅近くの刑事弁護士なら

私たちの事務所であれば、名駅にある、名古屋駅から徒歩数分の事務所で、刑事弁護士との法律相談を受けることができます。愛知県名古屋市の刑事事件を専門にならず、三重県、岐阜県、静岡県の刑事事件に対応しています。

日本全国の刑事事件に対応しています

また、東京、横浜、大阪、福岡にも弁護士事務所があるため、他地域の事務所を使えば、日本全国の刑事事件を依頼することができます。全国5か所の事務所で、刑事事件に専門的に対応しているのは、日本で私たちの法律事務所だけです。

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

より詳しい解決方法は罪名別インタビューに続く
(アイコンをクリック)

  • 痴漢
  • 盗撮
  • わいせつ
  • 児童買春
  • 児童ポルノ
  • 大麻
  • 覚醒剤
  • 暴力、傷害
  • 死亡事故
  • ひき逃げ
  • 飲酒運転
  • 窃盗、万引き
  • 組織詐欺
  • ご家族お気楽にお電話ください

親身で頼りになる弁護士とすぐに相談できます

弁護士の活用法を大公開!!